2010年02月09日

代表質問の首相答弁要旨 納税者番号「1年以内に結論」(産経新聞)

 【小沢一郎幹事長の責任】

 小沢氏は今後さらに説明責任を果たすと期待する。政治家としての判断は小沢氏自身にある。石川(知裕)議員はいまだ検察の処分も決まらず、小沢氏は立件の容疑事実があるのか否かも明らかでない。その段階で政府・党の自浄能力を声高に叫ぶことは適切でない。

 【小沢氏の闇献金疑惑】

 公共事業をめぐる報道は真偽が解明されているわけではない。行政の長として申し上げる段階ではない。

 【普天間飛行場移設】

 沖縄県民、米国、連立政権合意を勘案して5月末までに具体的な移設先を決める。普天間の一日も早い返還の実現には代替施設なき返還は現実的に不可能だ。

 【選択的夫婦別姓】

 平成8年に法制審議会が民法改正案の要綱を決め、法相に答申した。これを踏まえ法務省で改正案が検討されている。

 【国旗・国歌】

 入学式などで国旗を掲揚し、国歌を斉唱するよう指導している。おおむねすべての公立学校で実施され、指導はほぼ定着している。

 【対北朝鮮】

 貨物検査を的確に行う関連法案の早期成立を目指す。拉致問題は一日も早く解決しなければならない。

 【納税者番号】

 社会保障制度の効率化、所得把握の精度を高めるために必要不可欠なインフラだ。1年以内に早急に検討を進め、結論を出したい。

 【マニフェスト】

 4年間で見直すが、22年度予算案成立後に考えたい。必要な財源をなんとしても確保する。

                   ◇

 質問者は参院が谷川秀善(自民)、輿石東(民主)両氏。衆院は井上義久(公明)、志位和夫(共産)、重野安正(社民)、渡辺喜美(みんな)の各氏。

防衛省が「友愛ボート」構想 医療支援と文化交流(産経新聞)
島根の女子大生遺棄 懸賞金の前倒し検討(産経新聞)
京都・木津川市副議長らを逮捕 虚偽の建設業許可申請容疑で奈良県警(産経新聞)
<コンビニ>車が突っ込む…けが人なし 大阪・八尾(毎日新聞)
<山手線>線路内に男性 緊急停止3万人に影響(毎日新聞)
posted by カワノ トキオ at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<名古屋ひき逃げ>運転者の男 逃走中に知人宅で1泊(毎日新聞)

 名古屋市熱田区の男女3人死亡ひき逃げ事件で、事故車を運転していたロシェ・デ・フレイタス・ファブリシオ容疑者(26)=危険運転致死などの容疑で逮捕=が逃走後、1人で同市中区の知人宅に立ち寄り、1泊していたことが愛知県警熱田署特別捜査本部の調べで分かった。ロシェ容疑者は別の知人宅近くの同県岡崎市の路上で身柄を確保されており、特捜本部はロシェ容疑者が複数の知人を頼って身を隠そうとした疑いがあるとみている。

 特捜本部によると、車に乗っていた4人のうち、矢坂エドアルド容疑者(32)=窃盗未遂容疑で逮捕=を除く3人は一緒に現場から南の名古屋港方面へ逃走。カブラル・エウェルトン・フェレイラ容疑者(31)=窃盗容疑で逮捕=の供述ではその後、カブラル容疑者が携帯電話で知人を呼び、迎えに来た車に乗って逃げ、ロシェ容疑者が最初に1人で中区栄周辺の繁華街で降りた。

 捜査幹部によると、ロシェ容疑者はこの後、周辺の外国人の知人宅で1泊していた。この知人が事件を知って警察に通報したことから判明した。ロシェ容疑者は逃走した5日間について「倉庫や空き家を転々とした。友人の家には行っていない」と供述しており、矛盾を追及する。

 一方、ロシェ、矢坂両容疑者が特捜本部の調べに「(仲間から)事故直後、逃げろと言われた」と供述していることを捜査幹部が明らかにした。ロシェ容疑者は「同乗の3人が(口々に)逃げろと言った」と供述。これに対し矢坂容疑者は「ロシェ容疑者が逃げろと言った」と供述しているという。【山口知、中村かさね】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:知人宅近くで身柄確保 仲間が逃走関与か
名古屋ひき逃げ:運転の男を逮捕 危険運転致死容疑など
名古屋ひき逃げ:警官追跡前は「カーナビ物色中だった」
名古屋ひき逃げ:運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う
名古屋ひき逃げ:逃走男を窃盗未遂容疑で逮捕 別の車狙う

木島容疑者逮捕 状況証拠積み重ね立件 犯行に睡眠薬「詐欺と殺人セット」(産経新聞)
新たな信用保証枠設定も、中小企業支援策強化へ(読売新聞)
<訃報>佐々英逹さん70歳=全日本病院協会名誉会長(毎日新聞)
小沢氏追及方針変えず=自民(時事通信)
2漁船「迷惑かける」と銃撃明かさず(読売新聞)
posted by カワノ トキオ at 14:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

<春闘>主力組合が要求提出 3月中旬の回答日目指す(毎日新聞)

 鉄鋼や造船などの労組が加盟する産別、基幹労連(内藤純朗委員長)の主力組合が5日、10年春闘要求を会社側へ提出した。デフレや景気の二番底への懸念が広がる中、組合側は雇用維持と定期昇給の実施など賃金維持を掲げる守りの春闘を余儀なくされている。3月中旬の回答日を目指し労使の激しい攻防が本格スタートした。

 他産別は17日に自動車総連が、その後、電機連合など金属労協に加盟し春闘で中心的な役割を果たす産別の大手労組が次々と要求を提出する。2月中にはほとんどの労組が要求を提出、金属労協は3月17日を山場の集中回答日に指定している。

 連合は「日本経済、社会の底割れを防ぐ」と定期昇給の実施など賃金水準維持を前面に出し、統一したベースアップ(ベア)要求を見送った。一方で組合員ではない非正規雇用労働者も含め、すべての労働者を対象に賃金など労働条件の改善に取り組むとし、非正規問題に従来以上に力を入れる姿勢を示している。経営側は「定昇を実施するかは企業の実態に応じた話し合いよる」との姿勢で、賃金維持を巡って激しいやり取りも予想される。

 東京都千代田区の新日本製鉄では5日午前10時から、新日鉄労連(宮崎和彦会長)が要求書を進藤孝生副社長に手渡した。ベア要求はせず、定昇の実施と年金の支給開始年齢引き上げを踏まえ、60歳以降の安定雇用を要求の柱に置き、労使による制度検討の場の設置などを求めた。【東海林智】

【関連ニュース】
春闘:基幹労連、定昇や一時金確保重視へ
全トヨタ労連:統一ベア要求見送り…3年ぶり
自動車総連:賃金カーブを維持 春闘方針決める
消防職員:団結権のあり方を協議の検討会を設置 総務省
労組:雇用、生活、労働環境深刻 都内各所で悲痛な叫び

<葬儀>平井要さん=薬害C型肝炎訴訟で初めて実名公表(毎日新聞)
<調停委員>外国籍理由に神戸家裁が選任拒否 弁護士会抗議(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員、政治献金800万円記載せず(毎日新聞)
小沢氏起訴なら議員辞職勧告決議案提出も 自民、大島氏(産経新聞)
「子の奪取に関する条約」日本の早期加盟要請(読売新聞)
posted by カワノ トキオ at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。