2010年02月17日

米の防衛義務、竹島には「生じない」 政府答弁書(産経新聞)

 政府は12日午前の閣議で、竹島(韓国名・独島)について、日米安全保障条約に基づく米国の防衛義務は、現状では生じないとする答弁書を決定した。

 亀井亜紀子参院議員(国民新)が質問主意書で「武力によって不法占拠された竹島は(安保条約が規定した)『日本が武力攻撃を受けた場合』に当たらないのか」とただしたのに対し、答弁書は「現在の竹島は、わが国が施政を行い得ない状態にある」と指摘。米国が防衛義務を負うのは「日本の施政の下にある領域における武力攻撃」と説明した。

【関連記事】
拉致問題 黄氏来日で日米韓連携を
北朝鮮、韓国の熱い視線に鳩山政権はどう応える
訪日問題で「日本の助けになるのなら」と朝鮮労働党元書記
韓国メディア、鳩山氏の「友愛外交」に“なんとなく”期待
「『日本海』の表記は誤り」 韓国人が米紙に全面広告

富山の男性4人戻らず=栂池高原で山スキー−長野・小谷村(時事通信)
岩手側海境北限廃止へ 青森との争い終結 「なべ」漁場(河北新報)
除雪機事故で4歳男児死亡(スポーツ報知)
石川議員離党で首相「熟慮を重ねての判断」(読売新聞)
石原知事、パンダ復活「繁殖で日本製のパンダを」(産経新聞)
posted by カワノ トキオ at 09:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。