2010年04月20日

帆船「あこがれ」で上海万博へ 大阪市、親善大使の高校生募集(産経新聞)

 大阪市は14日、市所有の帆船「あこがれ」に高校生が友好親善大使として乗り込み、上海万博の会場に向けて1390キロを航海する構想を正式発表した。7月19日の出港に向けて参加者30人を募集する。平松邦夫市長は「未来の大阪を担う高校生に、一生の財産となる体験をしてほしい」と話している。

 あこがれは大阪港を出発後、瀬戸内海から東シナ海を経て、中国・上海港まで8日間かけて航海。乗船する高校生は帆の操作などを学ぶ「セイルトレーニング」に取り組む。上海万博会場では「大阪館」を出展する大阪府・市の催しや、現地の学生との交流会に参加し、飛行機で帰国する。

 募集対象は大阪府内の高校に通う生徒で、応募多数の場合は抽選。渡航経費の一部として1人3万円のほか、国内交通費などは自己負担とする。問い合わせは大阪港振興協会((電)06・6615・7600)。

【関連記事】
伝統工芸を上海万博から発信 岩手をアピール「巨大南部鉄瓶」
上海地下鉄420キロ、急速延伸で世界一 混乱の不安も
中台の大都市間で初の公的文書 台北と上海、環境など協力
日本の「食」13億の胃袋狙う カレー、お茶、懐石料理…
上海市、万博開幕日挟み5連休 交通規制も
外国人地方参政権問題に一石

小学3年女児を連れ去る=大学生の男、容疑で逮捕−千葉県警(時事通信)
不明少年が守った兄のランドセル…発見現場周辺を捜索 佐用豪雨(産経新聞)
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ(産経新聞)
寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)
水戸の川端康成展に岡本かの子の未公開書簡 整理ごとに発見 文豪の親交に光(産経新聞)
posted by カワノ トキオ at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。